練馬区の司法書士法人髙柳事務所 相続、不動産名義変更、会社設立、

 土地や建物に関する登記のお手伝い

 私達は戸籍によって生まれた時から亡くなるまでの全てを記録されてますよね。

不動産も同じなのです。

不動産は土地と建物の事をいい大切な皆さんの財産です。

なので、細かく状況、情報を記録して公開することが不動産登記制度となるのです。

ではどこで記録するのか。そこは法務局です。

法務局の職員は登記官と呼ばれ専門的に判断し記録しています。


司法書士は不動産登記手続きの専門家といえます。

(土地家屋調査士)で説明してありますが権利に関する登記部分で書類の作成や申請代理の業務をいたします。

また不動産の売買取引に立ち会って(決済といいます)当事者の本人確認、担保権の抹消や住宅ローンの融資実行などお取引のお手伝いを責任もっていたします。



尚、平成17年3月より司法書士による”本人確認制度”が導入されております。(新不動産登記法)

     ☆皆様のご協力をお願いいたします☆


不動産登記の種類

登記の種類にはいくつかあります。

皆様に関係がありそうな例を一部ご紹介します。


★建物を新築、新築マンションを購入=所有権保存登記

★不動産を売買・贈与・相続=所有権移転登記

★離婚して不動産を財産分与したとき=所有権移転登記

★金融機関から融資をうけて抵当権を設定=抵当権設定登記

★住宅ローンを完済した=抵当権抹消登記

★不動産の持ち主の住所や氏名がかわった=登記名義人表示変更登記

 


参考にしてください資料 (クリックすると別画面がでます)

法務局
路線価図表
登記識別情報



★2018年(平成30年)での大安
10月 1日(月)  7日(日) 11日(木) 17日(水) 23日(火) 29日(月)
11月 4日(日)  9日(金) 15日(木 ) 21日(水) 27日(火)
12月 3日(月)  7日(金) 13日(木) 19日(水) 25日(火) 31日(月)