練馬区の司法書士法人髙柳事務所 相続、不動産名義変更、会社設立、

遺言書作成サポート

 遺言書。まだまだ私達には早いと思っていませんか。
 仲の良い幸せ家族が争いの争族とならないように。
 弊事務所では遺言書作成をお手伝いいたします。
                                             
   ❰例えば。。。。このような方々。

   ☆子供がいない
   ☆長男に継がせたい
   ☆不動産など分配しにくい財産を所有している
   ☆内縁の妻、孫にのこしたい など。


遺言書には3つの方式があります。
それぞれの特徴を明記しますのでご確認ください!
お客様と共にどの方式が一番かを見つけていければと思います。
また、税理士事務所とも連携し相続税の節税対策が必要な方にはご紹介いたします。

公正証書遺言

最も確実な方法となります。
遺言を残したい当人がご自身の考えられた遺言の内容を公証役場の公証人が書面にて作成することです。
ただし2名の証人の立ち会いが必要となります。
この証人は配偶者や子供はなれません。(法律できめられてます)

★いいところ★

公証役場に保管されますので偽造や紛失などの心配がありません。
裁判所の検認手続きが不要となりのこされた家族の負担が減ります。
遺言書の内容を公証人が確認しますので無効になる事を防げます。
ご本人が病気などで公証役場に出向くことが出来ない場合は公証人が有料になりますが出張してくれます。

★問題なところ★

証人が必要となります。
公証役場に手続きで出向かなければいけません。
費用が他のものに比べ掛かります。



自筆証書遺言

全てをご自身で記入する方法です。
全文を自筆であること。パソコンなどで打ち込んでないもの。
他の人の代筆でないこと。日付けと署名押印が必要です。

★いいところ★

費用がかかりません。すぐに作成できます。
遺言書の内容が知られずにすみます。

★問題なところ★

改ざんされてしまったり隠匿、なくしてしまう可能性もあります。
内容の不備より無効になることもあります。
相続開始後に家庭裁判所の検認手続きが必要となり時間や手間がとても掛かります。

検認手続き←ここをクリック


秘密証書遺言

その名の通り誰にも知らせずに遺言をのこすことです。
遺言書は自筆でなくてもよく、本人が署名押印し封筒にいれ同じ印で封印したものを公証役場に持参する方法です。公証人1人と証人2人以上の前で本物の遺言書であることを証明することで認められます。
封印しているので公証人さえも中身はわかりません。
遺言書は本人に返却される為ご自身にて保管しなければなりません。

★いいところ★

遺言書の内容を誰にも知られずに済みます。
自筆でなくても大丈夫です。パソコンなど。
代筆でも大丈夫ですが署名と押印はご本人でないといけません。

★問題なところ★

遺言書が発見されない可能性があります。
内容の不備などにより無効になる可能性があります。
紛失や隠匿の心配があります。
2人以上も証人と共に公証役場に行かなければなりません。
相続開始後に家庭裁判所の検認手続きが必要となり時間や手間がとても掛かります。



遺言についてのマメ知識

遺言の取り消し
遺言は何度でも書き直すことができます。
また遺言が複数存在する場合は一番最後に書いたものが有効となります。

お墓のこと
ご先祖さまのお墓や仏壇などを受け継ぐ人をあらかじめ決めることができます。

子どもの認知
婚姻していない女性との間の子どもを遺言にて認知することができます。

遺贈
相続人以外でも財産を譲ることができることを遺贈といいます。
具体的に金額を指定することもできますし、総額からの何%みたいな指定も可能です。



遺言書作成サポートの費用に関しましては1人1人内容が違います。
最初はだいたいの目安をお伝えするかたちとなります。


公正証書遺言書作成のめやす

基本報酬 50,000円~ *公証人手数料は別途必要です。
証人手配 10,000円(1人)
※公正証書遺言書作成には財産額に応じて別途公証人手数料が必要となります。
法律行為に関する証書作成の基本手数料←ここをクリック後参照


自筆証書遺言書作成費用のめやす

基本報酬 30,000円~ 遺言書原稿作成
遺言書確認 10,000円~ 遺言書の効力があるかを確認

遺言書保管サービス 《公証役場にて交付を受けた正本》

ご自身での保管に不安がある方は有料となりますが弊事務所の金融機関の貸金庫にて保管いたします。❨最長20年❩ 
但し、遺言書保管サービスに関しましては弊事務所にてお受けしたものに限らせて頂きます。

費用 10年間保管 10,000円 20年間保管 18,000円

お申し込みの方には年2回ご希望先にお伺いハガキを郵送いたします。
相続人.受遺者の住所変更や異動の有無などがございましたらお知らせください。

費用 無料。夏❨7月上旬❩と冬❨1月上旬❩の年2回ハガキにて。

遺言執行の費用    ▷遺言執行者とは?←ここをクリック


費用 遺産額により報酬がかわりますのでお問い合わせください。

"すでに遺言書を作成しているけど遺言執行者を選択してない"と言う場合でも新たに遺言執行者の部分の遺言書を作ればそのまま活かせます。

その他 生前贈与 相続放棄 などはお問い合わせください。